WiMAXと他の無制限プランを比較!ポケットwifiで最強は!?

WiMAXにはギガ放題という無制限プランがありますが、他のポケットwifiで無制限に使えるとされるサービスと比べてどうなのか、徹底的に比較してみました。
MENU

ポケットwifiを購入する際に「ネットを容量無制限で使いたい」と思うことはありませんか?結論から言うと「WiMAXのギガ放題プランなら実質無制限で使えます。」
では、他社の無制限で使えるポケットwifiには無制限はないのか。WiMAX以外のポケットwifi各社がどのようなサービスを行っているのかなど、比較してみました。

 

 

完全無制限だったWiMAX回線

 

WiMAXサービスには、下りつまりダウンロードの速度が13.3Mbpsの通信方式「WiMAX回線」と、下り速度が最大440Mbpsの通信方式「WiMAX2+回線」の2つがあります。ただし、古い回線であるWiMAX回線は、2018年4月にサービスを終了することになっています。
WiMAXの歴史を簡単に振り返ると、当初はWiMAX回線が主流の回線でした。WiMAX2+回線が登場したばかりの頃も、設備が充分に整っていなかったことや、WiMAX回線は通信量が完全に無制限だったため、WiMAX2+回線と比較してWiMAX回線の方が人気でした。
しかし、インターネット界ではスマホやタブレットの発達とともに、必要とされる通信量も飛躍的に増え、従来のWiMAX回線ではスピードが遅く不便な状態となりました。
そこで高速回線であるWiMAX2+回線が登場したのです。
現座では、WiMAX回線の受信エリアよりもWiMAX2+回線の受信エリアの方が広くなっており、高速の通信回線が快適に使用できるようになりました。

 

 

WiMAX以外の無制限で使えるポケットwifi

 

Pocket wifiのアドバンスモード

 

WiMAXの次に知名度の高いポケットwifiルーターが、Y!mobileのPocket wifiです。(少々ややこしいですが、Pocket wifiはY!mobileのモバイルwifiルーターの商品名です。ですがポケットwifiという名称が一般化してしまい、現在ではY!mobileのもの以外でも移動式のwifiルーター全体をポケットwifiと呼んでいます。)
Y!mobile にもいくつかプランがあるのですが「Pocket wifiプランL」が月間通信制限なしとなっています。
Y!mobileで使える回線は「標準モード」と「アドバンスモード」の2種類の回線があるのですが、通信量が無制限なのは「アドバンスモード」に限定されています。
無制限とはいえ、実際は「3日間で10GB以内」の縛りが発生します。
そして一度でも標準モードの回線 を使ってしまったら「1ヶ月に7GB」の通信上限がアドバンスモードにも適用されてしまいます。
それだけではなく、さらにアドバンスドモードが使える対応エリアは都心などの都市部に限られているので、地方に住んでいるユーザーはアドバンスモードが使えない危険性がありますので、あまりおすすめできません。

 

スマモバのクロッシー

 

スマモバはスマートモバイルコミュニケーションズが、2015年から提供を始めた格安SIMです。
ポケットwifiでも使えるデータ専用SIMの他に、スマートフォンで使える音声通話付きSIMもあります。
スマモバはNTTdocomoの回線を使っていて、クロッシー(LTE回線)でデータ通信をしています。一般的な電波(1.5〜2.1GHz)がつながりにくいと言われている地下鉄・ビル・商業施設でもdocomoのLTE回線(800Mhz)はつながりやすいのがメリットで、WiMAXと比較しても山間部や離島など幅広いエリアで使用可能なのがポイントです。
ですが「3日で3GB」以上使用してしまうと通信規制が始まってしまいます。WiMAXよりも厳しい通信制限です。そしてスマモバの通常の通信速度は下り最大150Mbpsなのですが、通信制限中ではデータ通信速度が200Kbps とかなり遅い速度になってしまい、快適に動画や画像を見られなくなるほど読み込みに時間がかかり、一気にとても不便な状態になってしまいます。こちらもおすすめはできません。

 

 

実質無制限のWiMAX

 

WiMAXのギガ放題プランでは実質無制限と言いつつ「3日で10GB」の制限があります。
「3日で10GB」制限では、直近3日間の間に10GB以上使った場合に、直近3日間のデータ通信量が10GB以内に収まるまで、1Mbpsの速度制限が発生します。
しかし、速度制限がかかるのはデータ通信が一番込み合う18時から26時(午前2時)の間だけで、そのうえ制限がかかったとしてもYouTubeの標準画質レベルが難なく見られる程度です。それほど厳しい速度制限ではないので、ほとんど不自由は感じません。
さらにWiMAX2+回線の全国人口カバー率は90%を達成しており、首都圏でしか使えないというものではありません。
Y!monbileやスマモバと比較してみてもWiMAX2+なら実質無制限でインターネットを使い続けられるのです。
しかし注意もあります。月内に4G LTE回線を使うハイスピードプラスエリアモードを一度でも利用した場合、「月7GBまで」の制限が始まってしまいます。データ通信が4G LTEとWiMAX2+合わせて7GB以上になってしまうと、無条件で翌月まで速度が128kbpsにまで下がってしまうのです。

 

 

まとめ

 

ポケットwifiを実質無制限で利用するパターンをいくつか比較してみました。
各社とも繋がりやすさを追及しているのですが、エリアの広さや通信制限の緩さなどを比較すると、WiMAXが一番使いやすいポケットwifiであることがわかりました。

 

まだWiMAX回線が完全無制限で使えていた頃と違い、今では大容量のデータがインターネット上を飛び交っています。
完全無制限にしてしまうと回線がパンクしてしまう、という事態を回避するために通信制限が採用されたのですが、今ではネット回線の設備もしっかりしてきたので、通信制限自体が緩和されています。通信制限を受けるまでインターネットを使いきれないのが実情ですが、もし通信制限を受けたとしてもWiMAXのギガ放題ならYouTubeの標準画質程度でしたら難なく視聴できるレベルです。つまり、YouTube程度であれば無制限で視聴できる状態にまでWiMAX2+回線の設備が整ってきた、ということです。

 

このページの先頭へ